第22回猪苗代新そば祭り、開催されますよー!

スポンサーリンク


11月です!

10月に刈り取ったそばがそば粉に加工されて、新そばが味わえる時期です!!

今年も猪苗代の綺麗な水と寒暖差のある気候で、「いなわしろ天の香」がおいしく実ったそうですよ。

というわけで、第22回猪苗代新そば祭りやるよって話です。

スポンサーリンク

今年の開催は11月10日、11日

場所は例年通りカメリーナです。

正式名称は「猪苗代町総合体育館」と言いまして、猪苗代町鶴田141-2にあります。

駐車場はカメリーナ自体の駐車場と、隣接している「猪苗代町体験交流館(学びいな)」の駐車場、「猪苗代町役場」の駐車場が確保してあります。

猪苗代町役場は600m程離れていますので、物産でお野菜とか買い込んでしまうと少々きついです。。

開催時間は午前10時から午後2時半。

10時を狙っていけば駐車場は近いところに停められますが、その時間に食べるそばは果たして何ご飯なんでしょう。

遅めの朝ごはん?早めの昼ごはん?オシャレにブランチ?

早めに会場入りして物産を楽しんでいると程良い時間になるかもしれませんが、そばを食べる自体も中々並びます。

お昼のいい時間だと1時間以上待つこともありますので、それなりに覚悟が必要です。

そばを食べるための当日券は会場内チケット販売所で購入できます。
「祝言そば券」、「ざるそば券」、「天ぷら盛り合わせ券」がありまして、それぞれ600円です。

(天ぷらそばにしたい場合「ざるそば券」+「天ぷら盛り合わせ券」で1200円です)

ちなみに「祝言そば」とは猪苗代の名物で、昔嫁入りの時に振舞われていた鶏とごぼうのだしでとった温かいそばです。

今年は暖かそうですが、この時期の猪苗代は雪レベルで極寒のこともありますので、そんな天気のときの温かい蕎麦は染みます。
そばの実の「そばがゆ」、揚げたての「天ぷらまんじゅう」も100円で食べられるそうです。

こちらはチケット制ではないので、直接「そばがゆ」売り場にて買うシステムです。

「天ぷらまんじゅう」って会津の方以外は馴染みがないと思うんですが、本当に普通のあんこ入ったまんじゅうを天ぷらにするんですよ。

おいしいはおいしいんですが、ここの生まれじゃない私にはご飯のおかずという感覚にはなかなかなりません(;・∀・)

お昼時だと本当にかなり並びますが、ステージ上でそば口上や日本舞踊が披露されたり、並んでいるすぐ横でそば打ち名人によるそば打ち実演が行われるので、気分も紛れると思います(*^^*)

物産も見逃すなかれ!

新そば祭りの魅力はそばを食べるだけではないのです。

そば打ち道具やそば粉、そば菓子の販売もありますよ!
カメリーナの建物の外では地元の方の物産市も開催されます!
新鮮な地元産の野菜、町特産品、そば粉、そば加工品などが販売されています。

若手農家さんのキャベツは毎年早々に売り切れてしまいますので、お買い求めの方はお早めに!

とは言えキャベツ持ってそばの列に並ぶのは中々しんどいですが…。

新鮮お野菜はどれもおいしそうだし安いしでついつい買い込んでしまうのですが、駐車場が遠い方は要注意です。

複数人でいらしていたら運転手の人に車回してもらって心置きなくお買い物を楽しんでください。

ちなみにせっかく新そば祭り開催されているので是非足を運んでいただきたいのですが、小さいお子さん連れなど並ぶのがどうしても…という方は物産を楽しんでから町内のお蕎麦屋さんで食べるという手もありますよ!

是非おいしい新そば、楽しんでくださいっ( *´艸`)

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ブログランキング参加しています!ぽちっと応援して頂けると嬉しいです(*^^*)